シュトラウス思想を曲解した「レジーム・チェンジ」

会田弘継
執筆者:会田弘継 2006年4月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 ネオコン(新保守主義者)とは対極にある思想家レオ・シュトラウス(一八九九―一九七三)が、ネオコンを裏で操った思想家のようにいわれた。遺族も当惑した。「シュトラウス派」とされてきた代表的ネオコン論客ロバート・ケーガン(邦題『ネオコンの論理』の著者)は突然、シュトラウスとは無関係だ、と言い出した。 なぜだろう。その謎解きを試みるには、まずシュトラウスの人生と業績をたどってみる必要がある。 シュトラウスは世紀末にドイツ中部マールブルク近くで「田舎の保守的な正統ユダヤ教徒の家庭」に生まれ、育った。軍務を経て、マールブルク、ハンブルクなど四つの大学で哲学を学び、ニーチェ哲学に傾倒した。ハンブルク大で博士課程を終えた後、フライブルク大学で研究者として一年を過ごしている。 この大学では現象学の祖であるフッサール(一八五九―一九三八)が教鞭をとり、若き日の実存主義哲学者ハイデガー(一八八九―一九七六)が助手を務めていた。 そこからシュトラウスはベルリンのユダヤ研究アカデミーに移ってスピノザを研究し、一九三二年にアメリカのロックフェラー財団の奨学金を得て、パリ、さらに英国へと移り、ホッブズを研究する。三八年には欧州を後にして、アメリカに移住した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順