深刻な低迷続く“AVメーカー御三家”問題の深層(シャープ編)

執筆者:杜耕次 2014年4月15日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾 日本
 郭台銘氏の強力なリーダーシップと求心力で「堺ディスプレイ」は黒字化したが、それでもシャープの苦境に変わりはない (C)AFP=時事
郭台銘氏の強力なリーダーシップと求心力で「堺ディスプレイ」は黒字化したが、それでもシャープの苦境に変わりはない (C)AFP=時事

「経済一流、政治は二流」――。

 高度成長期からバブル期に至る1960-80年代、世界へ躍進する日本企業とは裏腹に、永田町の相も変わらぬ派閥政治や金権体質を揶揄してこんな言い回しが流行った。日本経済の絶頂期を演出したバブルが崩壊して20年余り。政治は「二流」のままだが、「一流」とされた経済のグローバル水準が危うくなっている。エレクトロニクス産業の「デジタル敗戦」は、まさにその象徴。日本の製造業の現況を表現すれば、「技術一流、経営は二流」と言い換えられるが、とりわけAV(音響・映像)家電大手“御三家”の一角、シャープにはそのフレーズがぴたりと当てはまる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順