海の安全保障「新時代」にどう対応すべきか

執筆者:山田吉彦 2006年4月号
カテゴリ: 外交・安全保障 金融
エリア: 日本

アジアの海の治安とパワーバランスは、大きく変化しつつある。これから求められる日本の役割とは何か。 今年一月、米海軍イージス駆逐艦ウィンストン・S・チャーチルは、ソマリア沖を航行中の不審なダウ船(木造機帆船)を発見し、停船を命じた。昨年来、東アフリカ・ソマリア沖の海域では海賊被害が多発している。十一月には米企業が運行する豪華客船シーボーン・スピリットが襲撃される事件が起こり、米海軍が警戒活動を展開していた。ダウ船は逃亡したが、八時間に亘る追跡劇の末、二十六人(インド人十六人、ソマリア人十人)の船員とともに拿捕され、武器の隠し場所が発見された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順