彼女たちの挺身隊(下)

六車由実
執筆者:六車由実 2014年5月7日
カテゴリ: 文化・歴史 社会
エリア: 日本

 続いて、ハルコさんへの聞き書きの様子を横でうかがいながら大きく頷いていたさか江さんにも、挺身隊の経験について話を聞かせてもらうことにした。本当は一緒に挺身隊に行ったという年江さんにも参加してもらい、2人のやり取りの中で聞き書きを進めていきたかったのだが、年江さんは1月に右大腿部を骨折して現在自宅療養中であるため、年江さんには後でお話を聞きに自宅へうかがうとして、ひとまずはさか江さんに聞き書きをさせてもらうことにしたのであった。

 

麻糸を撚る仕事

 大正13年生まれのさか江さんたちが挺身隊に行ったのは、少女時代だったハルコさんとは違い、娘盛りの二十歳の頃だった。尋常小学校を卒業後、地元の私学の高等女学校へと3年間通った後、行儀見習いのため東京へとお屋敷奉公へ出た。この東京の奉公時代での経験がさか江さんにとっては忘れられない思い出となっており、お風呂の中などで時々話を聞かせてくれるが、それについてはまた別の機会に取っておくことにする。

 さて、お屋敷奉公から帰ってきた頃は戦況も悪化し、国民が総動員される時代へと突入していた。さか江さんは、郷里・獅子浜の未婚女性で組織されていた女子青年団に否応なしに入れられたという。女子青年団では、出征兵士を見送ったり、戦地から遺骨を迎えたりということをしていたそうだ。挺身隊には、その女子青年団の集団が共に向かうことになる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
六車由実
六車由実 1970年静岡県生まれ。民俗研究者。デイサービス「すまいるほーむ」管理者・生活相談員。社会福祉士。介護福祉士。2008年に東北芸術工科大学准教授を退職し、静岡県東部地区の特別養護老人ホームの介護職員に転職。2012年10月から現職。「介護民俗学」を提唱し実践する。著書に『神、人を喰う』(第25回サントリー学芸賞受賞)、『驚きの介護民俗学』(第20回旅の文化奨励賞受賞、第2回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞受賞)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順