行き先のない旅
行き先のない旅(98)

「レンツィ首相」だけではないイタリア「世代交代」の希望 

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2014年4月21日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ

 先日、フィレンツェに行く機会があった。ルネサンス文化の粋が凝縮するこの街のシンボルは、何と言ってもサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂である。白を基調に緑やピンクの大理石の装飾が施された外壁、ブルネレスキ設計の巨大なドームがあるこの聖堂は、「花の聖母」という名前通りに美しい。

 ところが5年前までは聖堂前の狭い通りにバスが通り、美しい壁も排気ガスで薄汚れていた。聖堂の壁に限らず、街のあちこちに落書きが目立ち、この街に憧れてやってきた観光客は、かなりがっかりしたと思う。

 

「壊し屋」への賛否両論

 注目を集めるレンツィ首相 (C)EPA=時事
注目を集めるレンツィ首相 (C)EPA=時事

 この状況を一変させたのが、今、注目を集めるイタリア政治史上最年少の首相、マッテオ・レンツィ氏である。5年前、34歳でフィレンツェ市長に就任するや否や、古都フィレンツェの改革に着手。世界遺産である歴史地区を歩行者天国にし、ゴミを削減し、石畳を新しくし、落書き自警団を組織。Yシャツにジーンズで自転車に乗り、「マッテオ」とファーストネームで市民から呼ばれるレンツィ氏は、観光地フィレンツェのPRとして、地元紙で外国人からのメールに答えるコラムまで設けた【リンク】

執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順