富豪起業家からマジシャンまで――「インド総選挙」タレント候補の多彩な顔ぶれ

執筆者:緒方麻也 2014年4月22日
カテゴリ: 国際 政治

 8億1450万人の有権者、93万カ所の投票所、188万台の電子式投票機――。文字通り世界最大の民主主義を実践するインドの総選挙の投票が、いよいよ4月7日からスタートした。開票は5月16日に一斉に実施され、同日中にも大勢が判明する見通しだ。

 各種世論調査を総合すると、最大野党・インド人民党(BJP)率いる政党連合、国民民主同盟(NDA)が過半数を確保する見通しが濃厚だが、過去2回の総選挙では事前の世論調査はいずれも大きく外れていることから、過信は禁物だ。

 BJPへの追い風による政権交代への期待、政治には縁のなかった文化人や社会活動家らが「反汚職」で結集した庶民党(AAP)の躍進、そして約1億人に達するファースト・タイム・ボーター(初めて投票権を行使する18-22歳の若者)の大量参政などを背景に、選挙戦にも新たな風が吹き始めた。各政党はプロ政治家ではない俳優やスポーツ選手、文化人、起業家らを多数擁立、これまで以上にユニークかつ多彩な候補者が出そろった。

 

IT起業家から政界へ

 並み居る候補者の中でも資産770億ルピー(約1300億円)と断トツの富豪が、ナラヤナ・ムルティらとともに世界的なIT企業インフォシス・テクノロジーズを創業した「7人の侍」の1人ナンダン・ニレカニ(58)。劣勢に立たされる現与党国民会議派からバンガロール南選挙区で立候補した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順