国連が首を傾げる環境外交に不熱心な日本

2006年5月号
エリア: 日本

 環境問題に関する世界の要人が集まる重要な国連会議で、日本人スピーカーが一人もいない状態になる。 五月一日からニューヨークで開かれる「第十四回持続可能な開発会議(CSD)」は、百五十あまりの国や地域の環境大臣らが参加する大型フォーラム。日本は、体調が戻れば小池百合子環境相をトップに四十人を派遣する予定。 スピーカーとして招待された七十人は、石油メジャーの英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル会長を含む経済界のトップ十人、ポーラ・ドブリアンスキー米国務次官ら政府関係者十人、そして世界中から選ばれた環境問題専門家五十人で、日本人スピーカーは予定されていない。 会議を主導する国連関係者は、「日本は、京都議定書の策定に大きな役割を果たしたにもかかわらず、スピーカーが一人も出席しない。企業と環境問題専門家に招待状を送ったが、多忙を理由にすべての人に断られた。これは国連内部でも問題になっている」という。 一方、環境外交に力を入れて見せる中国は、皇明太陽能集団有限公司と上海社会科学研究所の最高責任者など、産学官から四人のスピーカーを派遣する。インドからも、大統領の環境問題顧問を含めて七人がスピーカーとして登壇する予定だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順