筋道はつけられた米国産牛肉輸入「再解禁」

2006年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 米国産牛肉に関する日米専門家会合が三月二十八―二十九日に東京で開かれ、輸入解禁へ向けた手順が確認された。具体的な解禁時期は未定とされたが、禁輸を長期化させないという点では日米の足並みが揃った。 米側は、牛肉の処理業者に対する研修強化など法令順守の徹底に取り組む。日本側は米国の牛海綿状脳症(BSE)対策に関する説明会を開いて消費者の懸念解消に努める。米国で新たな順守違反がなければ、五月頃に日米協議を開き、早ければ夏に輸入が再開される見通しだ。 米側は十一月に中間選挙を控えており、「早期解禁」を求める議会からの圧力は日増しに強まっている。日本政府は昨年末に解禁した際に巻き起こった「ブッシュ政権に配慮して国民の安全を米国に売り渡す」という批判を強く警戒しているが、日米関係が緊張すれば九月の自民党総裁選にも影響しかねない。 日本政府は「(解禁を)政治的日程にあわせることはない」(安倍官房長官)と強調するが、実は、再解禁までの筋道は密かにつけられている。それは六月に予定される小泉首相の訪米時に「水面下合意」、七月中旬のG8首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)で開かれる日米首脳会談で「表の合意」をするというもの。しかし、消費者が政治の都合にあわせて米国産牛肉を買うかは別問題だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順