「尖閣」意識した「中露合同演習」の可能性

名越健郎
執筆者:名越健郎 2014年4月29日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア 中国・台湾

 中国とロシアの今年の海軍合同軍事演習が5月末から東シナ海で行われる見通しで、尖閣諸島制圧を念頭に置いた演習になる可能性が出てきた。

 2月末に北京で開かれた中露両軍の準備会議で演習実施が決まった。ウクライナ危機で関係を強化する中露が日本に圧力をかける図式となりそうだ。

 演習は「海洋協同2014」。ロシア太平洋艦隊幹部によれば、今回は5月末から6月初めまで、「東シナ海北部」の海上と上空で実施するという。尖閣は東シナ海南部に位置するが、尖閣を意識した演習になろう。

 演習には、ロシア太平洋艦隊と中国海軍の艦船や航空機・ヘリが参加。実射訓練も行われる。両国は近く再度会議を開き、演習内容を詰めるという。

 両国は交互に演習を主催しており、今回は中国側で実施される。中国は東シナ海で実施することで、沖縄県・尖閣諸島を「日米安全保障条約の適用対象」と日米共同声明に明記した米国をけん制し、日米に対抗するのが目的だろう。尖閣問題で中立姿勢を取るロシアを中国支持に傾斜させる狙いもありそうだ。

 ロシアは日中の係争問題に関与したくない立場だが、ウクライナ問題で孤立が進む中、数少ない友好国の中国の要求は断れないとみられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順