ブランド家電で日韓に挑む台湾「李焜耀」の勢い

2006年5月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

「計算しながら冒険する」経営者は、独シーメンスから携帯電話部門を買収、日韓の得意分野にも真っ向から挑もうとしている。[台北発]ブラジル代表FWロナウド、イングランド代表MFベッカムなど数多のスター選手を抱えるスペインの名門サッカークラブ、レアル・マドリード。ドイツW杯の熱狂の余韻が残る今夏、スペイン国内リーグの二〇〇六―〇七年シーズンが始まれば、サポーターは違和感を覚えるに違いない。伝統の白いユニホームの胸にあった「SIEMENS」のロゴが、「BenQ-SIEMENS」に変わるからだ。 BenQは「ベンキュー」と読む。台湾の大手電機メーカー、明基電通が〇一年十二月に創設したブランドだ。明基は〇五年十月、独シーメンスから携帯電話機部門を買収し、世界の携帯電話機ビジネスでシェア六位に躍り出た。「BenQ-SIEMENS」は明基が買収と同時に五年間の使用権を得た新ブランドで、レアルのユニホームという絶好の広告媒体も手に入れた。台湾ハイテク産業の新旗手 携帯事業でこそ新興勢力だが、明基には二十年余の歴史がある。「Acer(エイサー)」ブランドで知られるパソコン大手、宏碁の子会社として誕生したのが一九八四年。パソコン周辺機器が主力の地味な会社を世界と戦える存在にまで育てあげたのは、九一年に経営トップに就いた李焜耀董事長だ。李氏は台湾ハイテク産業の新たな旗手と目されている人物である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順