「ゆるやかな一夫多妻制」の時代へ

執筆者:藤沢数希 2014年5月10日
カテゴリ: 文化・歴史

 先進国の法律は、できるだけ個人の自由と機会の平等を保証するようにできている。この流れはどうやら不可逆的で、人種や国籍、年齢、性別などによる差別は、各国の法律で禁止され、また、文化的にも許容しない方向に進んでいる。 第28話で紹介した「The Global Gender Gap Report 2013」によれば、日本の「男女格差指数」は、調査された136カ国中の105位となっており、男女差別の是正に関しては遅れている。しかし、それでも、男女差別は無くしていく方向であることは、間違いない。 世界では、今後も必然的に、女性の社会進出が進んでいくのだ。その結果として、男女差別の是正で遅れている日本でさえ、20代ではすでに女性の可処分所得が男性のそれを上回った(第24話)。こうして、女性が経済的に男性に頼る必要が少なくなれば、女性が生活のために結婚したり、離婚を踏み止まる理由も少なくなる。 男女の経済的な平等が進めば、離婚が増えたり、結婚せずに子供を産む女性が増えるのも必然である。これは、女性の選択肢が増えるという点で、必ずしも悪いことではなく、むしろ社会が豊かになったことの表れだと、筆者には思える。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
藤沢数希 理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で研究職に就いた後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスク・マネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社)『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(同)『「反原発」の不都合な真実』(新潮社)『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』(ダイヤモンド社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順