保守の重鎮バックリーが始めたイラク戦争批判

会田弘継
執筆者:会田弘継 2006年5月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 ブッシュ米大統領の支持率が、去る三月二十日のイラク開戦三年を前に、三〇%台半ばまで落ち込んだ。ウォーターゲート事件さなかのニクソン大統領並である。米国民の政党支持率は、俗に四・四・二だという。民主、共和両党は、それぞれ有権者の四割をつかんでいる。この人たちは大統領(候補)がだれであれ、党を支持する。残る二割の浮動票をより多く分捕った方が「勝ち」というわけだ。 ブッシュ大統領への支持率はついに、その盤石であるはずの持ち分四割を割った。共和党支持者に離反組がどんどん出始めたということになる。主因は混迷するイラク情勢だ。イラク戦争を主導したといわれるネオコンにも離反者が出たという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)など、近著に『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)がある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順