保守の重鎮バックリーが始めたイラク戦争批判

会田弘継
執筆者:会田弘継 2006年5月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 ブッシュ米大統領の支持率が、去る三月二十日のイラク開戦三年を前に、三〇%台半ばまで落ち込んだ。ウォーターゲート事件さなかのニクソン大統領並である。米国民の政党支持率は、俗に四・四・二だという。民主、共和両党は、それぞれ有権者の四割をつかんでいる。この人たちは大統領(候補)がだれであれ、党を支持する。残る二割の浮動票をより多く分捕った方が「勝ち」というわけだ。 ブッシュ大統領への支持率はついに、その盤石であるはずの持ち分四割を割った。共和党支持者に離反組がどんどん出始めたということになる。主因は混迷するイラク情勢だ。イラク戦争を主導したといわれるネオコンにも離反者が出たという。 著書『歴史の終わり』で知られるフランシス・フクヤマ氏がその急先鋒だ、と米マスコミは報じている。先月号で予告したフクヤマ氏の新刊『岐路に立つアメリカ』(本誌五十七頁参照、欧州版タイトルは『ネオコン後』)が出版され、そこで単独行動主義のネオコン外交に対する全面批判が繰り広げられているからだ。 しかし、フクヤマ氏にしてみれば、今更の感があるだろう。イラク開戦には消極的だった。その後のイラク政策に抗議して、二〇〇四年の大統領選では民主党のケリー候補に票を投じたことは、周囲はみな知っている。それだけではない。昨年秋には、ネオコン後の新たな米外交の指針を生み出そうと、民主党系のズビグニュー・ブレジンスキー元大統領補佐官らと一緒に新外交専門誌『アメリカン・インタレスト』をスタートさせた。保守、リベラル(進歩派)、現実主義、理想主義の壁を取り払って論議しようと呼びかけている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順