オバマ訪日のバランス・シート

柳澤協二
執筆者:柳澤協二 2014年5月12日
エリア: 中国・台湾 北米

 オバマ大統領訪日時の共同声明は、「尖閣は日米安保の適用範囲」、「日本の集団的自衛権の検討を歓迎」が盛り込まれ、安倍政権にとって「満額回答」の内容になった。だが、外交は、国益のバランスの体現である。欲しいものがタダで手に入ることはない。

 今回のオバマのアジア歴訪は、日本よりもアメリカの事情によるところが大きい。昨年秋のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)に来られなかったこと、シリアやウクライナで有効な手立てが取れていないこと、中国のADIZ(防空識別圏)を一方的に設定させてしまったこと、さらに言えば、安倍首相の靖国参拝を止められなかったことなど、外交におけるオバマの失点を挽回するための機会だった。

 オバマとすれば、同盟国との盤石の関係をアピールすることが必要だった。日本側は、その弱みにつけ込んで、まず、欲しいものを手に入れた。だが、「支払い」はこれからだ。議会の委任をとれないオバマ政権としては、今後のTPP(環太平洋連携協定)交渉で、日本に大幅な譲歩を迫って来るに相違ない。では、日本側は、欲しいものを本当に手に入れたのか、と言えば、どうやらこれも、アメリカが振り出したカラ手形に近い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
柳澤協二
柳澤協二 国際地政学研究所副理事長。1946年東京都生れ。70年東京大学法学部卒業後、防衛庁入庁。長官官房長、防衛研究所所長などを歴任。2004年4月から09年9月まで官房副長官補。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順