「金正恩一元支配」へ進む北朝鮮(下)「黄炳瑞」と「金慶喜」

平井久志
執筆者:平井久志 2014年5月11日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島

  新たに軍総政治局長に就任した黄炳瑞氏は、韓国統一部の資料では1940年生まれで、74歳前後とみられる。一部では1949年生まれという情報もあり、そうだとすれば65歳前後ということになる。決して若くはない。金正恩時代の新たな側近の誕生ではあるが、世代交代というにはあまりにもベテランの党官僚である。

 

「組織指導部副部長」で登場

 黄炳瑞氏が北朝鮮のメディアに初めて登場したのは2005年5月19日に金正日総書記が人民軍第593軍部隊と第529軍部隊軍人家族芸術小組の公演を観覧した際に同行者として報道された時である。この時の職責は党組織指導部副部長であった。

 ラヂオプレス調査では、金正日総書記の2005年の公式活動に、黄炳瑞副部長は31回同行した。2005年に同行回数が最も多かったのは朴在京(パク・ジェギョン)大将で43回であったが、黄炳瑞氏は第6位だった。2006年には同行回数は42回で朴在京大将ら3軍人と同数で1位だった。2005年5月に初めてメディアに登場した黄炳瑞氏が、金正日総書記の公式活動にこのように多く同行し、当時、金正日総書記の「新側近」浮上として話題になった。

 当時の党組織指導部の軍担当第1副部長は李容哲(リ・ヨンチョル)氏だったが、李容哲第1副部長が健康を悪化させ、黄炳瑞氏が同副部長としてこれを補佐していた。李容哲第1副部長は2010年4月26日に心臓まひで死亡した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順