2025年まで北方領土を返さない?――ロシアが「長期開発計画」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2014年5月12日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア

 ウクライナ情勢緊迫に伴う西側の対露制裁で、日露間の北方領土交渉は後退してしまったが、気になる情報がモスクワから伝えられた。ロシア政府が2016-25年のクリール(千島)開発計画を実施することを決めたことだ。計画は10年にわたって北方領土でインフラ建設を進めるとしており、ロシアは少なくとも25年までは北方領土返還を想定していないことになる。

 

日本の新聞は報じず

 タス通信によれば、5月7日の国内開発をめぐる閣議で、プーチン大統領は政府が策定した極東開発計画に外国企業への税制優遇措置や極東住民への融資条件が書かれていないとし、「計画は遅々として進んでいない」と厳しく批判。その中で、「16年からのクリール諸島社会経済発展計画も用意されていない」と叱責した。大統領を恐れるガルシカ極東発展相は「16-25年のクリール発展計画を5月末までに政府で承認する」と釈明した。

 同相は「クリール開発の新計画は航空輸送拡充、貨物・乗客用船舶3隻の建設、埠頭の近代化、道路舗装などを予定しており、投資総額は10年間で920億ルーブル(2760億円、1ルーブル=3円で計算)。うち470億ルーブルは連邦予算から拠出する」などと述べ、計画は昨年から同省で策定しており、月末までにまとめて来年から実行すると大統領に約束した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順