韓国が国連事務総長ポストを狙う理由

執筆者:黒田勝弘 2006年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

選出の可能性は低いとされながら潘基文氏が出馬。そこに盧武鉉政権の思惑が見えてくる。[ソウル発]韓国の潘基文外交通商相(六一)が、国連の次期事務総長候補として出馬を公式表明した。 アナン現事務総長の任期が年末で切れるため、この秋には後任を選出しなければならない。国連事務総長は国連の顔といっていい。時には国際政治のスターになることもある。そんなポストに韓国が挑戦しているのだ。 韓国は近年、何かというと“韓流”といって意気軒高である。ナショナリズム、愛国主義は相変わらず目につく。テレビドラマやゴルフなどに続き、先の国際野球イベントWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)でも、韓国チームが活躍するとさっそく「世界の野球でも韓流!」などとはしゃいでいた。そのうち「国連も韓流!」といいかねない雰囲気だ。 国連事務総長への意欲もそんな韓国流イケイケドンドンを感じさせるが、はたして韓国人の国連事務総長は誕生するのか。 しかし韓国内でもプロの外交通ほど可能性については否定的だ。「常識破壊の盧武鉉政権がまた身のほど知らずをやっている」というのだ。ただ外交筋の間では「それでも出馬したのだから何か秘策があるのかも知れない」と、真意を探るのに懸命だ。韓国はソウル・オリンピック誘致やサッカーW杯での日韓共催ごり押し(?)など国際舞台での裏工作と推進力には定評がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順