「非効率な国営企業」を狙ったミタル急成長の軌跡

執筆者:サリル・トリパシー 2006年6月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

空前の拡大路線で鉄鋼世界最大手を築いたミタル会長だが、「品質」と「企業統治」というアキレス腱もかかえている。[ロンドン発]「世界の鉄鋼王になる」――一九八〇年代、祖国インドを離れる際、自らにそう誓ったラクシュミ・ミタル(五五)は、わずか二十年あまりで夢の実現に王手をかけている。今年一月、ミタルの名を冠した鉄鋼世界最大手ミタル・スチールが、世界第二位のアルセロール(本社ルクセンブルク)にTOB(株式公開買い付け)を仕掛けるという大胆な策に出たことは周知の通りだ。この買収が実現すれば、グループ全体の粗鋼生産が日本の年間総生産量一億一千万トンに相当する巨大な鉄鋼メーカーが誕生する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top