阪神・阪急・村上・プリヴェ「四つ巴」の迷走地図

2006年6月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

背後のメーンバンクやアドバイザーも含めれば、さらに膨らむ登場人物。旅客輸送の改善とは何の関係もない“私鉄再編劇”の内幕は――。「所詮、茶番劇だ」――。阪神電気鉄道株式のTOB(公開買い付け)をめぐり、村上世彰氏ひきいる村上ファンドと阪神電鉄・阪急ホールディングス陣営が対峙する中、一人高みの見物を決め込む人物がいる。阪急の筆頭株主である投資会社、プリヴェチューリッヒ企業再生グループの松村謙三社長だ。 昨年九月の村上ファンドによる阪神電鉄株の大量取得から、今年四月に浮上した阪急・阪神の経営統合構想までの舞台裏を、松村氏抜きで語ることはできない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順