病室で考えたこと:開発途上国はどれだけ開発について考えているか

平野克己
執筆者:平野克己 2014年6月4日
エリア: アフリカ

 不覚にも急性心筋梗塞の発作を起こして倒れ、病院のベッドで2週間過ごした。退院後の試運転を経て、6月から本格復帰を図っている。
 入院中することがないので、女房に頼んで研究室から積読(つんどく)本を一山ずつ運んでもらった。まったく久しぶりのゆったりした読書に耽溺したが、なかでもエズラ・ヴォーゲル『鄧小平』の訳本上下2巻は圧巻で、2005年に出たユン・チアンの『マオ:誰も知らなかった毛沢東』を思い出させてくれた。『マオ』は、異常性格者として描かれる毛沢東が中国をつくって破壊するまでの物語であるが、『鄧小平』のほうは中国の高度経済成長期まで続くので、いくらか明るい気分で読み進めることができる。

 鄧小平は、シンガポールのリー・クアンユーやマレーシアのマハティールと並ぶ、戦後世界に登場した最高の経済発展マイスターだろう。エズラ・ボーゲルも、毛沢東ではなく彼を現代中国建国の立役者としている。その鄧にしてからが、生涯の大半は経済以外の事柄によって、たとえば嫉妬深い毛沢東の攻撃から身をかわし、4人組との権力闘争を勝ち抜き、アメリカとの外交交渉を操作するために費やされた。中国経済を立て直すために使われた労力は、読後感では、鄧が発揮した全エネルギーの3割ほどではなかろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順