前向きだが「地雷」の埋まった「日朝合意文」

平井久志
執筆者:平井久志 2014年6月3日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島

 外交はやはり秘密交渉の方が、成果が出るようだ。日朝両政府が5月29日に発表したスウェーデンのストックホルムで5月26-28日に行った日朝局長級協議を受けての合意文発表を見てそう感じた。

 もちろん、今回の合意はストックホルムでの協議の結果ではあるが、この合意文の内容がストックホルムの協議で生まれたとは考えにくい。

 ストックホルム協議が始まる前、日朝関係筋は「今回の協議の現場での発表はない。双方が本国に持ち帰り、その結果を受けて本国で発表になる可能性が高い。本国での調整ができなければ、合意は次回に持ち越す」と述べた。

 筆者は実は、今回では合意は無理で、現場で合意した内容を本国で検討し、次回の局長級協議で合意ではないかと踏んでいた。しかし、日朝間の協議のテンポは筆者の予想を上回るスピードだった。

 

スタートは横田夫妻の要請

 先に本サイトの「横田夫妻が生み出した『日朝』新局面」(3月24日)で指摘したが、日朝間の本格的な協議は拉致被害者の横田めぐみさんの両親、横田滋、早紀江さん夫妻が昨年11月か12月頃に、安倍晋三首相に対して孫娘のキム・ウンギョンさんとの面会を実現するよう要請したことから始まった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順