星野智幸さんの新著『夜は終わらない』

執筆者:フォーサイト編集部 2014年6月3日

「世界で起こることはすべて、サッカーでも起こる」を連載中の作家・星野智幸さんが、新著『夜は終わらない』(講談社)を上梓されました。大江健三郎賞を受賞した前作『俺俺』(新潮社)以来、4年ぶりの長編作品です。用済みになった男を殺す前に「私が夢中になれるようなお話」を要求する女。そして、男たちが命がけで語り出す、奇想天外な物語の数々。昨日の読売新聞夕刊で取り上げられていましたが、「星野版『千夜一夜物語』」の見出しが躍っていました。是非ご一読ください。【リンク】

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順