「天安門事件」から「535」へ――「25年後」の空しさ

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2014年6月4日
カテゴリ: 国際 政治 文化・歴史
エリア: 中国・台湾

  1989年6月4日の天安門事件から、今年で25年が経過する。25年といえば、ほぼ1つの世代が過ぎ去った形だ。中国において「90後」と呼ばれる1990年以降に生まれた世代は、ある意味で「天安門後」世代であり、教育やメディアで情報が封鎖されたために、天安門事件を何も知らない若者たちだ。彼らはいま続々と大学を卒業して社会に入っている。

 

洗練度を増す「言論管理」の手法

 天安門事件の情報は、中国国内ではますます得にくくなっている。「天安門事件」は外国での呼び方で、中国人の間では「六四」と言えばだいたい通じるはずだったが、90後の若者たちは「六四」といっても分からないことが多いという。

 一般には「天安門事件」どころか「六四」も使われておらず、政府の立場に立つと「動乱」であり、やや客観的に言うならば、「風波(トラブル)」という表現になる。しかし、最近はどの言葉も中国版ツイッター「微博」では自動的に検出されて削除の対象になるので、「5月35日」や「535」という表現が使われるようになった。

 5月は31日まであるので、さらに4日を足すと6月4日になるという暗号のようなものである。ここまで手が込んできたかと感心させられるが、もうこの「535」もブラックリストに指定されて使えなくなっているという話も聞く。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順