バックリーが貫く「アメリカの個人主義」の理念

会田弘継
執筆者:会田弘継 2006年6月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 大型連休の始まりに、ジョン・ケネス・ガルブレイスの訃報に接した。享年九十七。ハーバード大名誉教授、リベラル(進歩派)経済学者の泰斗だった。日本語になった著作も多く、新聞は一面でその死を報じた。 そのガルブレイスの親友の一人が、保守論壇の重鎮ウィリアム・F・バックリー・ジュニア(八〇)だったことは、日本ではあまり知られていない。片や、教え子ケネディ大統領をはじめ歴代民主党政権のアドバイザー、もう一方はニクソン、レーガン両共和党大統領の友人にして指南役。バックリーは、ガルブレイス流のケインズ派経済学こそ、アメリカの自由主義の敵だと断罪してきた。日本なら「犬猿の仲」だろう。 それが、一九六六年、ニューヨークのホテルのエレベーター内で出会って、ふと言葉を交わして以来、意気投合した。ともに趣味のスキーでスイスに毎年出掛け、一緒に滑ってアフタースキーも楽しむ仲になった。 スキー行を一緒にするようになって間もない頃、難スロープを颯爽と滑り降りたバックリーが、かなり遅れて降りてきたガルブレイスに尋ねた。「スキー歴はどのくらい?」「かれこれ三十年かな」「なるほど、経済学研究歴と同じくらいというわけか。道理で」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順