クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

「助け」を待つ心理

徳岡孝夫

 あと10カ月経てば、私が人生で2度目に体験した「敗戦」から40年になる。そういう昔の話だが、いま地球上に生きている人間で1度ならず2度も負けた経験のある人は、ちょっと珍しいのではないかと私は思っている。

 

 最初の敗戦は、鉄道省大阪用品庫総務課のラジオの前に立って、玉音を聞いた。

 2度目は1975年4月30日、もう午前零時を過ぎていただろう。米第7艦隊旗艦ブルーリッジの暗い飛行甲板に立って、私は見た。サイゴンから来て最後に着艦した米海兵隊ヘリからベトナム駐在米大使が、畳んだ星条旗を両手に捧げて降りて来た。私は小声で「Vサインはしないのかな」と言ったが、居合わせた4、5人の外国人記者は誰ひとりそのジョークに反応しなかった。敗戦は厳粛なものであり、それは沈黙によってしか表現できなかった。

 

 米国を泥沼に引っ張り込んだベトナムの戦闘は、1973年1月のパリ和平協定によってケリがつき、同年3月に米軍はベトナムから撤退を完了していた。

 北緯17度線以南の戦場に残ったのは、ベトナム共和国軍と北ベトナム軍である。日本の「進歩的」な新聞や言論人は後者の存在を否定し、それはすべてベトコン(民族解放戦線)であり、ベトコンは人民の海を泳ぐ魚だと言い張った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順