奧田碩「財界総理」退陣後の人生

執筆者:松田一八 2006年6月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

小泉首相より一足早く「総理の座」を降りる奧田氏。だが、その“存在感”は、余生を語るにはまだ強すぎる。いったい何をするおつもり? 毎週月曜日朝の東京駅、東海道新幹線のプラットホーム。出張支度で往来するサラリーマンに紛れて、のぞみ号のグリーン車から、少し背中を丸めた巨体を揺らしながら一人の男が降り立つ。警視庁のSP(警護官)二人と秘書に囲まれコンコースを丸の内側まで進むと、赤れんがの駅舎を背景にトヨタ・センチュリーが男の到着を待っている。後部座席にどっしりと腰を下ろした男は数百メートル離れた大手町の経団連会館へ。車は会館地下の車寄せに滑り込み、トヨタ自動車会長の奥田碩は、“財界総理”としての多忙な一週間をスタートさせる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top