豪州紀行(1)オーストラリア不動産市場を席巻する「チャイナ・マネー」

樋泉克夫

 今年のゴールデン・ウイークは、シドニー、カウラ、キャンベラ、メルボルンと駆け足ながら、オーストラリア東部の中国人社会(華僑・華人、中国人)の一端を垣間見て来た。英国誌のエコノミストによれば、人口2300万人のオーストラリアの4.6%に当たる105万人の中国人が正式に永住権を得たとのことだ。4.6%を人口1億2000万人強の日本に当てはめると、2010年時点の北海道か兵庫県の人口に当たる550万人を超える。

 つまり、現時点で中国からオーストラリアへの移住者を日本に置き換えれば、計算上は北海道か兵庫県全体が中国からの移住者で埋め尽くされたのと同じことになる。これに不法滞在者が加わるのだから、その“存在感”は尋常ではない。シドニー空港へ着いた途端、それを思い知らされた。

 

主流は広東出身者

 先ず、空港内の表示は英語の隣に中国語が加えられている。もちろん他の言語による説明はない。次いで空港ロビー内に置かれたシドニーの公式ガイドブック。これにも驚いた。中国語を日本語に訳すと一般に文字数は1.5倍から2倍近くに膨らむものだが、シドニーのガイドブックは逆だ。日本語のそれが58頁であるのに対し、中国語は2倍強で130頁を超える。ほぼ同じような体裁ながら、日本語では簡単な紹介で済ませてある高級ブランド店情報が、中国語の方には満載されている。これでシドニーの観光産業がチャイナ・マネーを狙っていることは判る。だが、チャイナ・マネーが群がるのは高級ブランド店ではなく、じつは不動産だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順