行き先のない旅
行き先のない旅(37)

「忘れられた野菜」の復活

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2006年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 父は生前、芋を好まなかった。どうやら、戦時中に飽き飽きするほど食べた「芋粥」のせいらしい。実際のところは、箸でどんなにかきまわしても、あたる具は無く、お腹にたまる芋が入っていれば上出来な方だったというが、だからといって、芋に感謝の念がわくはずもない。戦後、いくらでも他のものが食べられる時代が来ると、芋はあえて食卓で見たいと思う対象ではなくなった。知人のご主人も、同じような理由でスイートポテトが嫌いだという。どんなに奥さんが腕によりをかけた甘いお菓子でも、こればかりは、口にすると、ひもじい時代を思い出して苦い顔にならざるを得ないそうだ。 食をめぐるトラウマは、海を越えたこちらでも同じことだったらしい。戦争時代を思いだすといって、忌み嫌われ、食卓から消え、長いこと忘れられてしまった食材の代表にトピナンブールという芋がある。十七世紀にサミュエル・ドゥ・シャンプランというフランス人探検家が、アメリカのネイティブ・インディアンが栽培していた芋を食べてみたところ、「アルティチョーク(生食できる朝鮮アザミ)の味がする!」と祖国に持ち帰ったのがきっかけで、フランス、ベルギー、ドイツ南部などを中心に栽培されるようになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順