「すまいるほーむ」ができるまで(下)人生の在り様を尊重する場所をめざして

六車由実
執筆者:六車由実 2014年7月5日
エリア: 日本

 4月16日、夜。会社事務所にての聞き書き2日目。

 

事務所の起ち上げ

 ――前回は、老人病院や老健(老人保健施設)などの起ち上げや運営に事務長としてかかわっていた頃の経験だとか、なぜそこを辞めて在宅ケアの事務所を開こうとしたのか、その思いなどについてお話をお聞きしましたが、ここで実際に事務所を始めたのはいつ頃なんですか。

 

 そうだね、平成11年の8月だったね。ここの裏に住んでいる私の兄貴が、「お前も金もないから事務所借りてやったら大変だろう、空いているから使っていいよ」って言ってくれたんでそれに甘えてね。だけどさ、兄貴がここの電気屋を閉めてから随分経っていて放置状態だったから、すごい有様でね。

 

――そうそう、もともとここは電気屋さんだったんですよね。私も自宅の近くですから覚えていますよ。

 

 電気屋の名残りが今でもあるでしょ。照明とか、螺旋階段とか。でまあ、とにかく片付けましょうということで、うちの息子とか甥っ子とか姪っ子とか呼んで、みんなで片付けて、ここでひとりでケアマネジャーの事務所(居宅介護支援事業所)を始めたんだよね。

 

――その当時はどうだったんですか。介護保険制度が始まるということで、村松さんみたいにひとりでケアマネ(ケアマネジャー)の事務所を開く人は多かったんですか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
六車由実
六車由実 1970年静岡県生まれ。民俗研究者。デイサービス「すまいるほーむ」管理者・生活相談員。社会福祉士。介護福祉士。2008年に東北芸術工科大学准教授を退職し、静岡県東部地区の特別養護老人ホームの介護職員に転職。2012年10月から現職。「介護民俗学」を提唱し実践する。著書に『神、人を喰う』(第25回サントリー学芸賞受賞)、『驚きの介護民俗学』(第20回旅の文化奨励賞受賞、第2回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞受賞)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順