インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

“ダスティ”フォーゴが燻し出されたCIA暗闘人事の真相

春名幹男
執筆者:春名幹男 2006年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 ポーター・ゴス前米中央情報局(CIA)長官の突然の辞任から、マイケル・ヘイデン前国家情報副長官のCIA長官指名・承認――その慌ただしい動きの裏に、末期症状を呈し始めたブッシュ政権内の見苦しい不祥事と権力争いがあった。 突然、ゴス氏の辞任が発表されたのが五月五日、そして週明けの八日、ヘイデン氏の長官指名が発表された。実はその間にゴス前長官の側近の一人にスキャンダルが表面化した。 問題の人物はCIAナンバー3だったカイル・フォーゴ前官房長(事務局長)。五月二日付のウォールストリート・ジャーナル紙は、ワシントンのホテルで行なわれた国防関連企業のポーカーゲームに彼が参加していた、と報じた。 彼のあだ名は「ダスティ」。まさに叩けばホコリが出る男だった。ポーカーが行なわれたウォーターゲート・ホテルのスイートルームは、中学時代からの友人で国防関連企業、ADSC社を経営するブレント・ウィルクス氏が提供。今年三月、収賄罪などで八年四カ月の禁固刑判決を受けたランディ・カニングハム元下院議員(共和党)も、ウィルクス氏と親交があり、売春婦の提供を受けた疑惑が指摘されている。CIAも、イラク、アフガニスタンで活動する工作員用に同社から三百万ドルで瓶詰め飲料水などを調達していた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順