饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(102)

ルクセンブルク大使夫君の「君について行こう」

西川恵
執筆者:西川恵 2006年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 初夏の青空が広がった五月下旬の日曜日、東京都心にあるルクセンブルク大使公邸でピアノ・コンサートが開かれた。 ルクセンブルクのミッシェル・プランシェール・トマシーニ駐日大使(四五)は、東京に三人いる女性大使の一人。音楽に造詣が深く、世界に音楽家の友人が多い。大使は機会があるとそうした音楽家を公邸に招いてミニ・コンサートを開き、交際の場を作ってきた。 この日の演奏家は大使の知己である国立音大教授でピアニストの花岡千春氏。外交団や大使の友人、大使の三人の子供の同級生らを前に、花岡氏の専門であるフランス人作曲家のフランソワ・クプラン(十七―十八世紀)とアレクサンダー・タンスマン(十九―二十世紀)、さらにショパン、ベートーベンの曲を披露した。コンサート後、続きの広間に飲みものと食事が用意され、招待客はコンサートの余韻を楽しみながら、歓談のひとときを過ごしたのだった。 このときもそうだったが、私はルクセンブルク大使公邸に招かれる度に、感心することがある。一つはトマシーニ大使の巧みなもてなしである。招待客が手持ち無沙汰にしていないか気を配り、人と人を共通の話題で引き合わせ、ユーモアで座を盛り上げる。一方で、在外公館の長としてあいさつやスピーチをすることもある。大使ともてなしの二役をこなすのは簡単なことではないはずだが、傍目には難なくこなしている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順