「クリーブランド」「ダラス」に絞られた米共和党全国党大会候補地

足立正彦
執筆者:足立正彦 2014年6月30日
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 北米

 2年前にミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事を米共和党の大統領候補に正式に指名し、ロムニー氏が大統領候補指名の受諾演説を行った全国党大会はフロリダ州タンパで開催された。フロリダ州は大統領選挙人29名を抱える大州であるだけではなく、大統領選挙の度に民主党と共和党の大統領候補が勝利を目指して激しい争いが繰り広げられる「接戦州」でもある。また、フロリダ州にはジェブ・ブッシュ元州知事やマルコ・ルビオ上院議員といった、ヒスパニック系有権者にとって魅力的な共和党政治家もおり、ロムニー氏はそうした共和党有力者の支援も受けて絶対に勝利しなければいけなかった州であった。だが実際には、オバマ大統領は2008年に続き2012年も同州で勝利を収め、共和党のホワイトハウス奪還の夢は消え失せた。

 2年余り後の2016年夏には共和党大統領候補を正式に選出する全国党大会が開催されるが、開催候補地の選定に関連し、最近新たな展開があった。6月25日、共和党全国委員会(RNC)は候補地についてコロラド州デンバーとミズーリー州カンザスシティを検討対象から外し、2都市に絞り込んだと発表したのだ【http://www.gop.com/general/rnc-selects-cleveland-and-dallas-as-2016-finalists/】。

執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順