【水】インドネシア大統領選、被災地の憤り

執筆者:フォーサイト編集部 2014年7月2日

昨夕、河北新報編集委員・寺島英弥さんの「被災地は『最後は金目』発言をどう受け止めたか」をアップロードしました。あまりにも失礼で軽い大臣発言。文章を読み上げ、頭を下げましたが、それで済む話なのでしょうか。無料公開中です。

本日の更新記事は、フォーサイト初登場の川村晃一さんの「『正反対候補』で大激戦『インドネシア大統領選』の行方」です。川村さんはアジア経済研究所でインドネシアの政治について研究を続けている専門家です。今月9日に迫った大統領選。貧困家庭に育ち、市長として汚職追放などの実績がある庶民派と、貴族出身のエリート元軍人。この一騎打ちの行方は、有権者の8割を占めるという無党派層の動向次第です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順