ミスコンブームで水着市場も期待大?

執筆者:和仁廉夫 2006年7月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾

 大手繊維メーカーが主催する新作水着発表会。旭化成せんいは三年連続で日中両国のキャンペーンモデルを起用している。日本の水着商戦は梅雨明けから本格化するが、昨年の遊泳用水着(ビキニなど)の国内販売数は、十数年前のピーク時と比べて約半分の三百八十万枚。中国人モデルの起用は、今後拡大が見込まれる中国の水着市場への期待の表れでもある。 同社の中国人モデルはいずれも現地で開催された美人コンテスト(ミスコン)の出身で、今回は国営のCCTV(中国中央テレビ)が主催する大会の勝者を採用した。 いまや「美女経済」という言葉が定着するほど、中国各省・自治区のテレビ局が主催するミスコンは花盛り。携帯電話を通じた視聴者参加型投票といった工夫もあるが、番組を介した広告ビジネスの環境が整ったことが大きな理由だ。経済発展に伴って購買力が上がり、テレビの視聴者数が増大した。 ミスコンを支えるのは高額のスポンサー料。比較的購買力が低いとされる内陸・山西省での地区大会にも、企業名を冠するには百五十万元(約二千二百万円)、協賛企業でも八万元(約百二十万円)の広告料が必要。それでも、地区予選から決勝まで約半年間の長期にわたり放送し続けるため、宣伝効果は捨てがたい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順