クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

民主主義の終点

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2014年7月9日

 日本人ジャーナリスト4、5人とアメリカ人がたしか2人、中年男だけのパーティだった。何年前か憶えていない。

 すでに六本木ヒルズが出来ていて、ヒルズの近くに住む米人W氏がベランダで焼いたバーベキューを食べながら飲み、かつ喋った。

 主客は来日したロビン・ベリントン氏という東京アメリカンセンター館長を最後に退官し、アメリカの動物園で爬虫類の飼育係をしている人で、カリフォルニア・ナントカという大蛇に噛まれた経験がある。

 話題が出尽くし、夜が更けた。私は何のきっかけか、ヘンな話を始めた。

「この間、東京駅で人と待ち合わせをしたんだ。早く着いたので、カフェ・ド・コロンビアという喫茶店に入って丸の内南口を通る人々を観察した。そのとき痛感したんだが、みなさん日本はもはやアジアの国ではないよ。ここは西欧だ。東京駅は、北京やバンコクよりアムステルダム駅に似ている。日本は西欧だ。このことを忘れちゃダメだよ」

 そう言ってから、私は夕方の東京駅で見た情景を物語った。

 

 6時少し前だから、工事中の丸の内南口は帰宅ラッシュ前だった。

 幼い女の子を2人連れた紳士が入ってきた。小さい鞄を提げている。電光掲示板に出ている新幹線の出発時刻を見て、自分の腕時計で確認し、可愛いオーバーを着た娘2人の手を引いて改札口を入っていった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順