行き先のない旅
行き先のない旅(38)

日本を紹介したある美術商

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2006年7月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

「燃えるように輝く赤、ライラック色の空――何て不思議な色だろう! これが紛れもない北斎なのだ!」と浮世絵を見たヴァン・ゴッホは心躍らせて、その感動を綴っている。親交の深かったモンマルトルの画材屋、「タンギー爺さん」の肖像画を描いたゴッホは、その背景に、富士山や花魁など、広重や英泉の浮世絵を描き込んだ。 ゴッホだけではなく、マネ、モネ、ルノワール、ドガ、ロートレックの作品にも、着物の女性や扇など、日本風の題材が実に多い。また例えば蔓草のように曲がりくねった鉄が特徴の、パリのメトロ駅入り口の装飾。フランス語圏で「アール・ヌーボー」と呼ばれるこのスタイルは、日本の工芸品の花鳥風月からヒントを得たといわれる。「ジャポニズム」といわれる日本趣味が、十九世紀末の西洋美術に新しい果実をもたらしたことは、よく知られている。しかし、どんな人物が遠い日本をヨーロッパの芸術家に紹介したのかは、あまり知る機会がない。現在、ブリュッセルの王立美術館で開かれているのは、この「ジャポニズム」というブームの仕掛け人に光を当てた企画展だ。展示されているのはアール・ヌーボーの生みの親とも言われるサミュエル(本名・ジークフリート)・ビング(一八三八―一九〇五)の集めたコレクション。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順