拘束された「サルコジ仏前大統領」はベルルスコーニの道を辿るか

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年7月10日
カテゴリ: 国際 政治 社会
エリア: ヨーロッパ
 果たしてベルルスコーニ氏(左)のごとく復権できるか (C)EPA=時事
果たしてベルルスコーニ氏(左)のごとく復権できるか (C)EPA=時事

 フランスのサルコジ前大統領が、疑惑捜査の過程で司法当局に短期間ながら拘束され、大きな騒ぎを引き起こしている。フランス第5共和制で、大統領経験者の拘束は前代未聞の出来事だ。捜査はまだ始まったばかりで、今回の騒ぎがそのまま起訴につながるわけではないものの、今後次第ではサルコジ氏の政治生命にかかわる可能性もある。フランス政界に与えた影響は小さくない。

 大統領退任後にいったんは政界を引退したサルコジ氏にとって、取りざたされる復帰への環境が厳しくなったのは間違いない。ただ、本人に懲りた様子はうかがえず、かえって司法批判を展開し、支持者固めに回っている。司法からの攻撃をかわしながら何度も政権に復帰したイタリアのベルルスコーニ元首相の手法の踏襲だ。両氏の手法の類似性は以前から指摘されており、これを「サルコベルルスコーニズム」と名付けた研究者もいるほどだ。

 ただ、サルコジ氏が最終的に失脚した場合、フランス政界は混乱に陥るに違いない。内紛続きの右派には、彼に代わる有力な大統領候補が見あたらない。一方で、左派もオランド大統領の不人気ぶりが際だつ。「そして誰もいなくなった」状態に陥る可能性が捨てきれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順