盧武鉉の「日本叩き依存症」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2006年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 李承晩が買った釜に朴正熙が飯を炊き、全斗煥と盧泰愚が食い尽くすと、金泳三は釜を売ってしまった。金大中が借金して炊飯器を買ったが、盧武鉉がコンセントをさし間違えて故障した――。 歴代大統領を皮肉ったこのジョークが韓国のブログで流行っているらしい。内容的には「開発独裁」の朴正熙の評価がいちばん高く、支持率が20%台まで落ちこんだこともある盧武鉉の評価はまだ低いことになる。 韓国政界には「困った時の日本叩き」という格言がある。李承晩から盧武鉉まで、内政で危機に直面すると、日本を集中攻撃し、目先を変えて危機を突破するという独特のやり方だ。しかし、盧大統領の反日は執拗かつ集中的。他の歴代大統領とは異質である。 小泉首相は昨年6月、ソウルでの首脳会談が不調に終わった後、「盧武鉉とはもう終わりだ」とつぶやいたといわれる。盧大統領在任中の日韓関係改善は期待薄だろう。 日韓首脳会談が久々に行なわれ、韓国側が日本を激しく追及した。 盧大統領「……というわけで、靖国参拝が韓国国民の怒りを高めている」 小泉首相「靖国の話は既に出たはずだが」 盧大統領「……だから、独島(竹島)が韓国領であることは歴史的に立証されている」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順