クリミアへの旅(1)キエフの逆襲はあるか

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年7月15日
エリア: ヨーロッパ ロシア

 ウクライナ東部で政府軍と親ロ派勢力との一進一退の攻防が続く中で、ロシアに併合されたクリミア半島について語られる機会がめっきり減った。あたかも、併合で問題が終わってしまったかのようだ。もちろん、併合自体が明らかな国際法違反であるし、これを承認しようとする国もほとんどない。一方で、長引く紛争への疲れからか、欧州の識者の間から「クリミアは仕方ない」と現状を認める発言さえ聞こえるようになった。

 ロシア併合後のクリミア半島はどうなっているのか。5月から6月にかけて、現地を訪れる機会があった。今回の取材の主な目的は、ウクライナからロシアへの国籍変更の実態と影響を調べることで、その一部は7月6日付朝日新聞日曜版GLOBE特集「揺らぐ国籍」で報告したが、その他にもクリミア半島を回り、またこれに先だって首都キエフに立ち寄ってウクライナ大統領選を垣間見た。以下、何度かにわたってその報告をしたい。

 今回のウクライナ危機は、謎だらけの紛争だ。プロパガンダ戦が激しく、ロシア側とウクライナ側で相反する情報が飛び交う結果、単純な事実を認定することでさえ容易でない。その謎を解く鍵を提示するのは難しいが、現地の動きの一端を伝える程度はできるかも知れない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順