秋の「プーチン大統領訪日」は実現微妙

名越健郎
執筆者:名越健郎 2014年7月18日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア

 1990年代後半、米国のクリントン政権がコソボ問題に没頭していた頃、共和党系学者が「下手なサッカーチーム」と揶揄したことがあった。大統領以下、すべてのプレーヤーがコソボという1つのボールに群がり、外交ゲームの組み立てや戦略、守りが疎かにされたためだ。永田町や霞が関、それにメディアが、動き始めた拉致問題に群がる現在の状況も「下手なサッカーチーム」かもしれない。たとえば、もう1つの懸案である日露外交はウクライナ問題の煽りもあって疎かにされ、11月のプーチン大統領訪日は現状では延期の可能性が出てきた。

 

二兎を追わず?

 ロシア外交筋は、「大統領の訪日はテーブルの上に乗っている。2月のソチ首脳会談で合意したように、秋を前提に形式的には交渉している」としながら、「大事なのは準備のプロセスであり、岸田文雄外相の訪露や政府間委員会がなければ、前進できない」と述べた。同筋は「日本側からは外相訪露の時期について一切打診がない」とし、日本側が動かないことを暗に批判した。

 ロシアは7、8月と長期の夏休みに入り、この間外交は動かない。国連外交が得意のラブロフ外相は9月の国連総会で長期間ニューヨークに滞在し、10月まで日程は取れそうもない。9月の内閣改造で岸田外相が交代する可能性もある。日本外務省で対露政策を担当した上月豊久欧州局長が官房長に転出、林肇内閣審議官が後任に就任するなどの人事もあった。ロシア側は外相訪露を大統領訪日の前提条件と重視しているだけに、11月のプーチン大統領訪日は厳しい情勢となりつつある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:6
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順