【金】北朝鮮ミサイル、東ティモール、米移民法

執筆者:フォーサイト編集部 2014年7月18日

昨日、在東ティモール大使の花田吉隆さんの寄稿「東ティモール:『ポルトガル語圏』」とASEANの結節点」をアップロードしました。紛争のイメージが強い東ティモールですが、石油の産出により、今やポルトガル語圏の国家連合CPLPの首脳会合が開かれるまでになりました。

本日の更新記事は、平井久志さんの「北朝鮮指導部の再編(下)『ミサイル挑発』と『対話』の並進路線」です。中国への反発を示し、韓国を挑発する北朝鮮のミサイル発射。一方で、韓国に対しては対話を呼び掛けています。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「『未成年移民大量流入』でも移民法『年内改正』は絶望的」(足立正彦さん)の新エントリ。中南米からの未成年移民が大量に米国に流入していますが、移民法改正は進まず。移民法改正に反対する茶会党勢力に配慮しているためです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順