マレーシア機撃墜:“予言”は当たったのか?

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年7月19日
エリア: ヨーロッパ ロシア

 7月15日付「ヨーロッパの部屋」に執筆した「クリミアへの旅(1)キエフの逆襲はあるか」の中で、ウクライナの軍事評論家オレグ・ソースキン氏のインタビューを紹介した。彼は、様々なメディアの取材に応じて近々起きそうな出来事を「予言」し、的中させることで知られている。

 筆者の知人が2月半ばにインタビューした際には「近々キエフで大規模な殺戮が起きるだろう」と述べたそうだ。その時は、マイダンでの民主化デモが沈静化していた時で、知人も半信半疑だった。ところがその翌日、民主化運動が一気に盛り上がり、治安部隊の発砲、市民の反発、ついにはヤヌコヴィッチ大統領の逃亡、という政変につながった。予言は見事に当たったのである。

 今回、私のインタビューでも彼は1つの予言をした。「そのうち、飛行機が狙われる。気をつけた方がいいですよ」。しかし、飛行機に乗らないと仕事にならない。その後、モスクワ経由でクリミア半島に取材に行く予定だと言う私に対し、ソースキン氏は真顔で語った。

「撃ち落とされるかも知れません。乗らない方がいい」

 そう言われても、取材をキャンセルするわけにもいかない。飛行機は無事クリミア半島に着き、筆者は予言も忘れてしまった。ソースキン氏のインタビューに関する記事でこの話を紹介しなかったのも、予言がはったりだと思ったからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順