マレーシア機撃墜:MASINTで決定的情報か――米、「情報源秘匿」で公開拒否も

春名幹男
執筆者:春名幹男 2014年7月20日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 ウクライナ東部ドネツク州東部で起きたマレーシア航空MH17便撃墜事件。米国やウクライナは「証拠」を挙げて、プーチン・ロシア政権の撃墜事件への関与を強調した。

 米国はいかにしてどのようなインテリジェンスを得たのか。それは信頼できる情報だろうか。

 

 SA11「ブク」発射でロシア技術者支援も

   オバマ米大統領は18日の演説で、MH17便を撃墜した「地対空ミサイルはウクライナ国内の親ロ派勢力が支配する地域から発射された」証拠があると指摘した。

 緊急に開かれた国連安全保障理事会では、サマンサ・パワー大使がもっと詳しく、その地対空ミサイルは「親ロ派勢力支配地区から作動したSA11の可能性が大きい」と言明した。大使によると、MH17便は高度約1万メートルを飛行中に撃墜されたが、当時親ロ派勢力支配地区に配備されていた地対空ミサイル(SAM)のうち、その高度に到達できるのはSA11のほか、SA20、SA22だけで、射程が短いSAMは到達しないと述べた。

 SA11とは、もともと旧ソ連時代に開発された、自走能力がある地対空中距離ミサイルシステムのこと。SA11は北大西洋条約機構(NATO)が付けたコード名で、ロシアではシステム全体が「9K37BUK(ブク)」と呼ばれている。ただ厄介なのは、ロシアもウクライナも同種のSA11を保有していること。ロシア国防省スポークスマンは、ウクライナ軍の「ブクM1」が撃墜地点の近くに配備されていた、と主張している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順