Take it to the farmer――ウガンダ農村事情

平野克己
執筆者:平野克己 2014年7月24日

 ウガンダに行ってきた。

 2009年に95歳で亡くなったノーマン・ボーローグ博士について以前この欄で書いたことがある(「アフリカに緑の革命を――ボーローグ博士への追悼」2010年11月12日)。そのボーローグ博士の生誕百年記念行事が、ウガンダの首都カンパラにあるマケレレ大学と白ナイル川源流の町ジンジャの2カ所で開かれ、それを見にいってきたのだ。ボーローグ生誕百年祭は、「緑の革命」の祖地であるインドをはじめ世界のあちこちで行われていて、博士最晩年の活動現場であるアフリカでは笹川アフリカ協会(SAA)が主催した。笹川陽平日本財団会長もこられていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順