ソニー“完全復活”に立ちふさがる三つの関門

2006年8月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

「ソニー再生は適切な軌道に乗り、予定通りに進んでいる」 六月二十二日、新高輪プリンスホテル。ソニーの株主総会で初の議長を務めたハワード・ストリンガー会長兼最高経営責任者(CEO)は、昨年秋に投入した薄型の液晶テレビ「ブラビア」のヒットなどで大きく伸びた二〇〇六年三月期の業績に触れ、“復活”への手応えを強調した。 売上高が七兆四千七百五十四億円(前期比四・四%増)、営業利益は千九百十三億円(同六七・九%増)、税引き前利益は二千八百六十三億円(同八二・一%増)――たしかに、連結業績の数字は上向いている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順