「聞き書き」の意味を問い直す(下)非日常を生きる

六車由実
執筆者:六車由実 2014年8月9日
エリア: 日本

クライシス

 増村紀子さん(仮名)は、娘さんがそんな思い出話をしてくれても、あるいはお孫さんが「おいしい」といってハンバーグを2つもおかわりをしても、その様子をけだるそうに見ているだけで、「今日は変なのよ。ご飯が食べられないの」と言って、最後まで一口もハンバーグを食べることができなかった。顔は能面のように無表情で、まるで魂が抜けたかのようだった。

 翌日も来所はしたが、朝から元気がなく、言葉数も少なかった。そして、倦怠感を訴え、昼食をほとんど食べられないままベッドに横になった。翌週になると、更に体調は悪化していた。食事ばかりでなく、水分も摂ることができなくなっていたのだ。発熱はないが、血圧は80台に下がっていた。看護師の適切な判断で、ケアマネジャーに連絡して病院受診を勧め、病院では脱水症と診断され、点滴治療を受けた。点滴のおかげで体調は持ち直してきて、翌日からは食事量も少しずつ増えていったが、以前のように快活に動けるようになるまでには、それから1週間ほどかかったのだった。

 無事に体調が回復したのにひと安心しながらも、私は、今回の思い出の味をめぐる聞き書きが、急激に体調を悪化させる程紀子さんを追いつめてしまったのではないかと罪責感にかられた。ケアマネジャーには、そうした経緯があったことを説明したが、「六車さんのせいじゃないよ。病院の先生も、服用していた薬の副作用じゃないかと言っていたから、気にしないでください」とかえって励まされてしまった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
六車由実
六車由実 1970年静岡県生まれ。民俗研究者。デイサービス「すまいるほーむ」管理者・生活相談員。社会福祉士。介護福祉士。2008年に東北芸術工科大学准教授を退職し、静岡県東部地区の特別養護老人ホームの介護職員に転職。2012年10月から現職。「介護民俗学」を提唱し実践する。著書に『神、人を喰う』(第25回サントリー学芸賞受賞)、『驚きの介護民俗学』(第20回旅の文化奨励賞受賞、第2回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞受賞)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順