「周永康」逮捕で考えるべき共産主義の「変質」

樋泉克夫

 鄧小平が南巡講話を発して一層の経済開放路線を獅子吼した1992年2月から5カ月ほどが過ぎた同年7月、中国の党・政府幹部や新聞記者などで構成された「赴新加坡精神文明考察団」と名乗る一行が、シンガポールに降り立った。

 彼らは、鄧小平の「シンガポールの厳格に管理された社会秩序を学び、彼らの経験に倣って彼らより立派な管理をすべきだ。シンガポールの経済発展は速く、社会秩序と精神文化は確固として突出しており、かねてから我われも注目していた」との考えに基づき派遣されたのである。

 一行は2週間ほどをかけて住宅政策、官僚の汚職・腐敗対策、西欧文化への対応、労働組合と企業経営、メディアのあり方、住民向けサービス、観光業、経済建設などを視察し、「シンガポールの厳格に管理された社会秩序」の仕組みを重点的に考察している。その結果、帰国後にまとめた報告を『新加坡的精神文明』(中国赴新加坡精神文明考察団 紅旗出版社 1993年)として出版した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫 愛知県立大学名誉教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top