排出権“供給大国”の中国にチャンスあり

執筆者:本郷尚 2006年8月号
エリア: 中国・台湾

 途上国での温室効果ガス削減に協力し、その「排出権」を先進国企業が取得するビジネスが本格化している。このクリーン開発メカニズム(CDM)を活用するには国連への登録が必要となる。現状の登録案件の六割はブラジルなど中南米で、排出権ビジネスでは先進国。だが、排出権供給量では中国が四割を占める。厳しい削減目標を負う日本と欧州は、今や世界最大の排出権市場となった中国で、激しい争奪戦を繰り広げている。 温室効果ガスにはフロンガスや二酸化炭素(CO2)などがある。中国ではまずフロンガス処理が排出権の中心となった。すでに成立したわずか三つの案件の排出権は、日本政府の今後五年間の調達計画(CO2換算で約一億トン)に匹敵する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top