80時間世界一周
80時間世界一周(24)

国連バブル経済が去って東ティモールの「ミニ内戦」

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2006年8月号
カテゴリ: 国際

 日本から東ティモールの首都ディリまでたどり着くには、どうしても一泊二日の旅となる。国際線フライトの都合よい乗り継ぎ便がないためだ。インドネシアのメルパチ航空が、バリ島のデンパサール空港からディリまで、一日一便の定期便を午前十時台に飛ばしている。この便に乗るには前日夜までにバリ島に到着していなければならない。ホテルで一泊して、ディリまでのフライトは約二時間。眼下にはフロレス島や小スンダ列島のパノラマが広がる。 ようやくたどり着いても、「とにかく何にもない」というのが、ディリ市内の第一印象だ。農業、製造業、流通業、観光業、サービス産業――いずれも成立していない。 東ティモールが独立国になったのは二〇〇二年五月二十日。米国のクリントン前大統領やインドネシアのメガワティ大統領(当時)が駆けつけて、小さな国の独立を祝った。小泉首相はその前に連休を利用して訪問。同年九月には百九十一番目の国連加盟国となったが、その直後から東ティモールは「ニュースバリュー」を失い、新聞やテレビで取り上げられなくなった。独立式典から三カ月後にディリを訪問した時には、外国人相手に開業したホテルは閑古鳥が鳴き、小さな「目抜き通り」からは人影が消えていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順