クリミアへの旅(3)故郷にいられなくなった人々

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年8月11日
エリア: ヨーロッパ ロシア

 キエフが大阪程度の大きさの街であるのは以前お知らせしたが、異なるのはどこまで行っても行き止まりがないことだ。六甲山も、箕面山も、生駒山もない。はるかロシアまで平原が続いている。

 街の中心部から北西に車で走ると、30分ほどで市街地が途切れ、やがて一面の森となる。森の中にプシャ・ヴァディツァという街があり、子どもたちが集団合宿をするための施設が設けられている。緑に囲まれて立ち並ぶコンクリートの殺風景なビルの1つが、クリミア半島から逃れてきた人々の避難所として使われている。

 私が訪ねた5月下旬は、クリミア半島からの避難民の流出が相次いでいた。その主な行き先は、半島に近いウクライナ本土の街ではなく、首都キエフや、さらに西部の都市リビウだった。半島に近いウクライナ南部や東部にはロシア系市民が多いことから、これを避けてのことだと見られた。

 

「ロシア軍に息子を取られたくない」

 ヤロシェヴスキーさん(筆者撮影、以下同)
ヤロシェヴスキーさん(筆者撮影、以下同)

 電気の消えた暗いロビーで、クリミア半島からの避難民に話を聞いた。南東部スダクの街出身のアレクサンドル・ヤロシェヴスキーさん(59)である。ウクライナ系で、本業は地元のラジオの記者だった。激することなく、理路整然と語る口調から、かなりのインテリだと思えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順