エボラ出血熱と米アフリカ・サミット:2014年夏のアフリカ

平野克己
執筆者:平野克己 2014年8月13日

 この稼業をしていてもっとも苦痛な、かつ常に最優先を強いられる仕事、すなわち試験と採点にウンウン唸りながら勤しんでいるあいだ、グローバルメディアのヘッドライン周辺をアフリカのニュースがいくつか走った。そのたび、しばらくそちらのほうに目を奪われて赤ペンをもった手が止まり、加えて、従軍慰安婦をめぐる朝日新聞の自爆にも「ウッ」ときたが、採点中は鎖に繋がれたのも同然、首以下は指しか動かせない。
 それがようやく解放された。落とすべき学生は皆落としてかなり血だらけになった採点表を電送したばかりである。

 まずはエボラ出血熱。死者が千人を超えるところまできてしまった。エボラの感染が大都市に及んだのは初めてだ。一方HIVエイズには終息の可能性がみえてきている。エボラもHIVも元来は感染力の弱い病気である。両者の顕著な違いは潜伏期の長さであり、ほぼ1週間で発病するエボラに比べ、HIVは数年を経てエイズを発症する。この差がエイズを世界中に蔓延させた。感染後すぐに劇症を呈するエボラ出血熱がエイズのように拡散することは考えられないが、ついこのあいだまで紛争に塗れていた西アフリカの国々は、これを確実に隔離封鎖できるのか。シエラレオネのヘルスワーカーの話がどこかに出ていたが「この国の政府は独立以来嘘ばかりついてきたので、国民が政府の言うことを信じようとしない」という。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順